学費が安く入学しやすい

卒業まで百万円かからない大学もある

通信制大学は、通学をする機会が少なく、家庭内での学習が基本となるため、通常の大学と比べて学費が安いという特徴があります。また、入学時に学力試験や面接の代わりにエントリーシートなどを用いて簡単な書類選考を行っている通信制大学が多く、学習意欲の高い人であれば、簡単に入学することができます。学費の安さをアピールしている通信制大学の中には、四年間で必要な単位を取れば百万円未満で卒業できるところもあり、それほど経済的に余裕がない社会人から人気が集まっています。また、通信制大学の学費は、履修した授業の数によって決まることが多く、収入額や将来の生活設計に応じて授業の数を調整することで、無理なく卒業を目指すことが可能です。

資格課程の費用も安く設定されている大学が多い

社会福祉や教育、保育などの資格課程がある通信制大学は、通学制の半額以下の学費を設定しているところが目立ちます。こうした大学に入学をする場合は、決められた期限までにレポート提出をしたり、自分でテキストやメディア授業などを通じて学習を進めたりする必要がありますが、仕事と両立しながら必要な資格を取得することも可能です。社会人学生の受け入れに積極的な通信制大学の中には、資格課程を受講しやすくするために、従来よりも学費を値下げしたり、実習やスクーリングの日程調整に対応したりしているところが少なくありません。そのため、学費を無駄にしたくない人は、社会人学生へのサポートが充実している通信制大学を探してみましょう。