杉山雄一による読み物

「池袋哀歌」

付記:平成18年、夏に記述。

このね、どーしても好きになれない街が池袋なんです。なんつーんだ?あの日暮里やら駒込やら鶯谷やらってな「たそがれ」市街地の入り口といった風情があたしだめなのよカヨコぉ、

もーひとつありましてね、実は東京に出てきてすぐの頃にとあるプロのバンドマンの方々にお会いしたんですよね。それが池袋です。街の名前にさえなってるようなバカでかいホテルがあってそこの最上階ラウンジで彼らは2ステージでして。伺ったわけですね。

ビール1杯で900円で、チャームが3000円税別てお前。気でも狂ったのか?な価格設定でした。ありえない。

そのリーダーの方はよく名前を聞く鍵盤弾きさまですよ。
TV-CMや映画音楽なんかでも以前はよく拝聴しました。
それがなぜまた最高級とは言えホテルのラウンジなんだろ。

ご自分でおっしゃられてましたがね、「生活のため」とはっきりと。
お子さんもおられて、自分の音楽ばかりを追及してても
食えなきゃどうしょもないからと。でもね、TOP40のリクエストに
完璧な演奏で瞬時に応えつつ、10曲に1箇所、ほんの2小節くらいは
魂が飛翔する瞬間があるそうです。それが自分のミュージシャンとしての
よりどころであり、誇りでもあるそうです。

そんな彼がおっしゃったんですよ。

「君の音も演奏も確認したけど、どう聞いてもオリジナル思考だ。
もちろん僕たちのところで仕事として叩いて歌うのは問題なく
行けるとは思うんだけど、、、あのね、まだまだ音楽を楽しめる
可能性がある今の君のこの段階で、、、こっちに来ちゃダメだよ・・・」

丁重にお礼を申しあげ、その場を辞した私であります。
さっきの言葉が頭を駆け巡るんですよね。
感動とも、哀しみとも、なんともつかない感覚です。
一人のミュージシャンの、栄枯盛衰、必死な状況、人生、
わずかな時間で一気に私の前を駆け抜けたんですよね。
間違いないのは「これでまたひとつ進む可能性が減った」こと。

色んなことを考えながらトボトボ歩いたのが池袋の街です。
今でも池袋の駅を降りますと、その時の哀しい感じが一瞬通り過ぎます。

それが一昨年のバレンタインデーだったんです。
皆さん、幸せな1日でしたか?皆が幸せでありますように。


ドラマーのための音楽用語辞典

ドラム演奏編

コーラス ミュートnew

ドラムのモノ編

ドラムセット スネアドラム バスドラム タムタム フロアタム シンバル ハイハットシンバル
クラッシュシンバル チャイナシンバル スプラッシュシンバル ライドシンバル ハードウェア
スネアスタンド  シンバルスタンド ドラムイス ハイハットスタンド フットペダル カウベル スティック

収納関係編

バスドラケース スネアケース タム/フロアケース 靴袋 スタンドケース スティックケース

周辺機器編

ドライバー プライヤー チューニングキー 譜面台 ガムテープ  タオル ズボン 靴下 飲み物 
バンドスコア エフェクター モニター  PA

欧米ドラマー編

ジョンボーナム コージーパウエル イアンペイス フィルコリンズ スティーブガット ケンウッドデナード 
サイモンフィリップス テリーボジオ トミーリー ビリーコブハム デニスチェンバース

音楽用語編

シンコペーション リタルダンド アッチェレランド リピート クレッシェンド 拍子 ブレイク ト音記号 
バー ドラム譜 テンポ記号 アテンポ アンサンブル テンション ユニゾン テンポ 3連符 フィルイン 8ビート

音楽ジャンル編

ハードロック ヘヴィーメタル プログレ パンク ジャズ  ブルース ソウル ファンク 歌謡曲 ラップ
サンバ 

バンド構成楽器編

ギター ベース ヴォーカル キーボード バンド エレドラ  

バンド構成人員編

ギタリスト ベーシスト ヴォーカリスト

周辺環境事情編

ツアー レコーディング リハーサル 機材車 カラオケ スタジオ  搬出搬入  楽屋 メイク クリック
コピー ライブ コンテスト

心身不都合編

トゲ 打撲 擦過傷 爪剥離 骨折 腱鞘炎 凍傷 やけど 脳震盪  十二指腸潰瘍 トラコーマ 
うつ病 肝硬変 流行性感冒 神経性胃炎 重態

歴史の裏事情編

下克上 専制君主 大名行列 生類憐みの令 産業革命 世界の三ばか

補足条項

燃えるゴミ ルックス 歯ブラシ リサイクル支援法 そろばん  アメリカンクラッカー
第一種普通運転免許
 スリルとサスペンス



sugi-g.net ホームに戻る