勉強と仕事の両立が難しい

通信制大学って本当にいいの?

大学にはいかなかったけど、大学卒業の学歴が欲しい、資格受験に必要、働いていて学びたいことができたなど、働き始めてから大学での勉強を検討する方もいます。しかし、現実的に仕事をしながら毎日通学は困難ですよね。そういう方には通わなくても大学卒業をすることができる方法があります。通信制大学というものです。自宅学習で大学が卒業できます。もちろん、卒業できたら大学卒業が条件の資格試験も受験が可能です。簡単な説明ではメリットが多いように聞こえます。

その仕組は簡単にいうと通信教育で単位を取っていくということです。自分でペースを作らなければいけないことや人間関係は希薄なので大学での友人関係作りというものは難しいでしょう。学費が安いことはいい点ではありますがしっかりとした意思をもって始めなければ卒業自体が危うくなってしまいます。

仕事をしながら勉強って大変

毎日仕事をしながら勉強をするのはとても大変なことです。自分のペースで、しかも自宅で学習できるという点は魅力的です。しかしメリットだけでなくデメリットもあることを忘れてはいけません。通信制では、教材が送付されてきてカリキュラムに沿って自分で学習していく必要があります。なにから始めてどういう風に進めていくか計画をしっかり立てないとだらだらと時間だけが過ぎてしまいます。それ故に卒業が難しいという点があります。質問したいことも、近くに講師がいるわけではないのでメールなどでの対応となり気軽にサポートを受けられません。大学ならではの学習環境もないので調べものなどに制限が多少はあるものです。

働きながらスキルアップのために通信制大学を利用するのはとても素晴らしく、今後の自分の人生の役に立つものでしょう。しかし、いいことばかりでなくデメリットもしっかりと受け入れてから行動することが必要ですね。

通信の大学は、直接大学に通わずに安価な学費で専門的な勉強ができるのが魅力です。年に何度かのスクーリングがある場合もありますが、基本的には添削課題を提出すれば卒業できます。