ドラム講師の嘆き

No.7「ある日のドラムレッスン」

「はい、先週までは4ウェイの複雑な動きをしばらくやってたよね。せっかくだから今日から3週くらい『音楽』の講義内容で行くよ」

「・・・先週までは・・・あれは音楽では・・・」

「うん、音楽ではないよな。どっちかというと『運動』という感じかな?手足の動かす順番の話だけでしょ?音楽じゃないよね」

「あ、そうか・・・そう言われてみればそうですね」

「じゃぁこのギターを使ってやりますよ。例えば・・・そうだなぁ?こんなフレーズがあったと」

「せ・・・先生・・・」

「あ?」

「ギ、ギターめちゃめちゃうまいじゃないですかっ」

「・・・あ、えっとね・・・こう言っちゃぁ失礼かもしれないけどね、 それはほれ、君らの中に俺がいてギター弾いたらそうかもしれないけど、 実際はねぇ、こうして弾くと俺のやってるバンドのギタリストは笑うよ?」

「なぜですか?」

「第一にピッキングが悪い意味で強すぎるんだってさ。『弦を切らないでね』ってよく言われる。次に押さえるテンションが強すぎるみたいだよ。#しちゃうんだよね・・・」

「はぁ・・・深いんですねぇ・・・」

 

「浅いってば」

 

「すんごく弾けるように見えるんですけどねぇ・・・」

「それはね、お前が先週までやってた『叩き方』の授業でさ大体その動きが出来たと。したけどそれがどれくらい『音楽として』優れたものかってえと、さっき言ったように関係ないんだわ。同じでさ俺が『形として』ナンボ弾けてもこれじゃだめなのだよ」

「あ、でもアコギでLIVEされてるんですよね?」

「アコギはまたちょっと違うんだよ。エレキとはね。まぁ弾き語りだから何とか出られるけどね、エレキよりはマシだってだけでまぁ五十歩百歩だよ」

「ははぁ・・・道は遠いですね」

「そりゃそうだよ。芸事なんだからさ。では続きだよ?はい、こうして・・・F△7とEm7を繰り返してアルペジオだよ、テンポはスローで4拍子だね。 はい、これでもってどういったような音風景になる?」

「は?ふうけえ?」

「いや、だからさ、情景とかドラマとか感情とか何か浮かぶか?ってことさ」

「いえ・・・特には・・・」

 

「あぁ?」

 

「いえ、あの、お願いですから怒らないで下さい」

「なんだその条件反射はっ・・・で、本当に何も浮かばないの?」

「ええ・・・」

「じゃぁさ、温度として、この音は熱い?冷たい?」

「音に温度ですか?・・・考えたことなかった・・・」

「考えることじゃなくて『浮かぶ』ことだよ?自然に感じるんだよ」

「えと・・・冷たいのかな?どちらかと言えば」

「そうだよな。じゃあ明るいか?暗いか?」

「どちらかというと・・・暗い・・・かな?」

「そうだべ?じゃぁ楽しいか?悲しいか?」

「・・・悲しい・・・ですね」

「よし、じゃぁ田舎か?都会か?」

「・・・・・都会でしょうか・・・」

 

「ほれ、もう充分だよ。『都会の夜の悲しいの冷たいの』ってな情景が出たじゃん。てことはきっと歌詞もそうなるってことさ。今弾いたギターのフレーズを曲にしたらね」

「あ、歌考えるんですか?ギターだけの音だから何も考えませんでした」

「目の前はギターだけだけど、音楽だからさ。完成形を描くための所作だよ」

「ドラムを考えるのにそこまで考えなければいけないと・・・」

「いや『そこまで』じゃなくて『そこから』アレンジ動機が生まれるんだ。最低限これ位感じないと、ただのドラムを『叩く』人だって。そのままじゃ音楽にならないよ。」

「・・・深いですねぇ・・・」

「だから浅いって、すごく。・・・よし、じゃぁこのフレーズに対してどう叩く?」

「 はぁ?」

「いやだから、お前のバンドでギタリストがこのフレーズ持って来たら、どう叩く?」

「わかりません」

「・・・・って・・・・少しは考えるとかさ」

「いやぁ・・・考えても・・わからないなぁ・・・」

「じゃあ実際バンドの曲作りのときはどうしてんだよっ」

「ドラムマシンが入った音でもらいますから、それをコピーします」

「・・・『ここはこうしたい』とかないのかっ?」

「いえ・・・特に・・・」

「・・・お前いくつだっけ?」

「19です」

「将来どんな風になりたいんだ?」

「プロのドラマーになりたいです」

「kt嗚呼l608苦4kf05笑6;:h6lk愚5lgh6-6:無[7i ・・・・・で、このフレーズにはどう叩く?」

「わかりません」

「一番目の前の目標は何だ?」

「えと・・・わかりません」

「好きな異性のタイプは?」

「・・・わかりません」

「自分てどういう人間だ?」

「わかりません」

「・・・・・・なめとんのか?」

「わかりません」

「今夜何を食いたいんだ?」

「わかりません」

「お前の人生においt」

「わかりません」  

 

・・・・・ 根負けしました。


ドラマーのための音楽用語辞典

ドラムのモノ編

ドラムセット スネアドラム バスドラム タムタム フロアタム シンバル ハイハットシンバル
クラッシュシンバル チャイナシンバル スプラッシュシンバル ライドシンバル ハードウェア
スネアスタンド  シンバルスタンド ドラムイス ハイハットスタンド フットペダル カウベル スティック

収納関係編

バスドラケース スネアケース タム/フロアケース 靴袋 スタンドケース スティックケース

周辺機器編

ドライバー プライヤー チューニングキー 譜面台 ガムテープ 
タオル ズボン 靴下 飲み物 バンドスコア エフェクター newモニター

欧米ドラマー編

ジョンボーナム コージーパウエル イアンペイス フィルコリンズ スティーブガット ケンウッドデナード 
サイモンフィリップス テリーボジオ トミーリー ビリーコブハム デニスチェンバース

音楽用語編

シンコペーション リタルダンド アッチェレランド リピート クレッシェンド 拍子 ブレイク ト音記号 バー ドラム譜 テンポ記号 アテンポ アンサンブル テンション ユニゾン テンポ 3連符 フィルイン 8ビート

音楽ジャンル編

ハードロック ヘヴィーメタル プログレ パンク ジャズ 
ブルース
 ソウル ファンク 歌謡曲 ラップ サンバ 

バンド構成楽器編

ギター ベース ヴォーカル キーボード バンド エレドラ  

バンド構成人員編

ギタリスト ベーシスト ヴォーカリスト

周辺環境事情編

ツアー レコーディング リハーサル 機材車 カラオケ スタジオ 
搬出搬入  楽屋 メイク クリック コピー ライブ コンテスト

心身不都合編

トゲ 打撲 擦過傷 爪剥離 骨折 腱鞘炎 凍傷 やけど 脳震盪 
十二指腸潰瘍
 トラコーマ うつ病 肝硬変 流行性感冒 神経性胃炎 重態

歴史の裏事情編

下克上 専制君主 大名行列 生類憐みの令 産業革命 世界の三ばか

補足条項

燃えるゴミ ルックス 歯ブラシ リサイクル支援法 そろばん 
アメリカンクラッカー  第一種普通運転免許 スリルとサスペンス



sugi-g.net ホームに戻る