ドラム講師の嘆き

No.4「ある日のドラムレッスン-2」

「よろしくおねがいします」

「はい復習からね。16部のアクセント移動です」

「先生、その前に・・・」

「ん?なした?」

「あの、肝心なことをやったほうが良いかと」

「おっ、いいね、どういう内容で行こうかな?」

「音楽そのものといいますか・・・」

「うんうん、そうか。では・・・」

「俺、うまくなる必要がないと思うんです」

「ほえ??????」

「うまくなっちゃぁおしまいというか・・・」

「ほえほえ??????」

「はっきり言いますけど、先生は音楽という肝心なことが分かっていないんじゃないかと思うんです」

(プチん)「と言うと?」

「怒らないで欲しいんですが、事実です」

(面白くなってきたぞ)「例えばどういうこと?」

「アクセントがどうとかオルタネートがどうとかは大事なことじゃないと思うんです。大切なのはノリとパッションだと思います」

(プチプチ)「ああ、そうだよな。あたりまえだよ」

「は?でも先生はいつも基本練習を・・・」

「あたりめえだべや」

「あの・・・意味が・・・」

→ドッカン

「おうサンピン、面白ぇじゃねえか黙って聞いてりゃなんだぁ? 『もっと大事』ぃ?『ノリ』ぃぃ?」

「あわわ」

「やかましい何があわわだこら、おう青二才てめぇのその手足の状態は何よ?3ウエイキープもやっとの小坊主がなにぃ?聞いた風な事ぬかすんじゃねえぞ兵六だまがぁ」

「んぐぐ」

「壊れた水道パッキンみてえな

音出しやがっておら、

おうガキおめえあれだべ?

学校の勉強なんてとか

どうせ考えてやがるんだべ?

あ?言えおら」

「あ・・・はい・・・」

「よく聞けよこら、社会に出るとなぁ

『数学的な考えで』対処しなきゃ

ならねえ場面がバックバク

出てくるんだ。

『歴史を紐解く』ように考えないと

進まねぇ問題が出てくるんだ。

いいか?目の前の『学習』に

捕らわれる原因は何の事はない

おまえ自身の視界の狭さなんだ。

足元のゴミ拾いばかり考えたら

そりゃ物事つまらんど。したけど

『それは何のためなのか』を

もう一段考えれ。

ひとつ打ちもWストロークも

お前が言う『良いノリ』を出す

方法の王道なんだ。

そったらあたりまえのことを

懐かしくも10年ぶりに

言わせやがって

このすっとこどっこいがぁ、

おめぇ一度その

貧弱な精神を」


「ぽーん」

「はいそれじゃまた来週ね。」

 

(教室係員)→「今何か教室で『バタン』って・・・」

「倒れたんだと思いますよ。」

・・・なんてな場面が以前ありました


ドラマーのための音楽用語辞典

ドラムのモノ編

ドラムセット スネアドラム バスドラム タムタム フロアタム シンバル ハイハットシンバル
クラッシュシンバル チャイナシンバル スプラッシュシンバル ライドシンバル ハードウェア
スネアスタンド  シンバルスタンド ドラムイス ハイハットスタンド フットペダル カウベル スティック

収納関係編

バスドラケース スネアケース タム/フロアケース 靴袋 スタンドケース スティックケース

周辺機器編

ドライバー プライヤー チューニングキー 譜面台 ガムテープ 
タオル ズボン 靴下 飲み物 バンドスコア エフェクター newモニター

欧米ドラマー編

ジョンボーナム コージーパウエル イアンペイス フィルコリンズ スティーブガット ケンウッドデナード 
サイモンフィリップス テリーボジオ トミーリー ビリーコブハム デニスチェンバース

音楽用語編

シンコペーション リタルダンド アッチェレランド リピート クレッシェンド 拍子 ブレイク ト音記号 バー ドラム譜 テンポ記号 アテンポ アンサンブル テンション ユニゾン テンポ 3連符 フィルイン 8ビート

音楽ジャンル編

ハードロック ヘヴィーメタル プログレ パンク ジャズ 
ブルース
 ソウル ファンク 歌謡曲 ラップ サンバ 

バンド構成楽器編

ギター ベース ヴォーカル キーボード バンド エレドラ  

バンド構成人員編

ギタリスト ベーシスト ヴォーカリスト

周辺環境事情編

ツアー レコーディング リハーサル 機材車 カラオケ スタジオ 
搬出搬入  楽屋 メイク クリック コピー ライブ コンテスト

心身不都合編

トゲ 打撲 擦過傷 爪剥離 骨折 腱鞘炎 凍傷 やけど 脳震盪 
十二指腸潰瘍
 トラコーマ うつ病 肝硬変 流行性感冒 神経性胃炎 重態

歴史の裏事情編

下克上 専制君主 大名行列 生類憐みの令 産業革命 世界の三ばか

補足条項

燃えるゴミ ルックス 歯ブラシ リサイクル支援法 そろばん 
アメリカンクラッカー  第一種普通運転免許 スリルとサスペンス



sugi-g.net ホームに戻る